洗顔石鹸使わない?

洗顔石鹸がどうしても合わない。
そんな人はどうしているのでしょうか?お肌の関係で洗顔石鹸が合わない場合、洗顔石鹸を使わないという選択をされている人がいます。
その方にお伺いしました。
『私は洗顔料の洗浄力が強すぎて肌が荒れてしまうので、出来るだけ肌に優しいものを探しては使っていましたが、やはり私の肌には合わなかったので、洗顔料を使うことを思いきって止めました。
最初は肌の汚れが落ちなくて、なんとなく気持ちも悪いし、吹き出物も出来たりしたので、また洗顔料に手が伸びそうになったのですが、そこは我慢しました。
毎日ぬるま湯で洗顔して、ときどき熱いタオルを顔に当てて・・・ということを繰り返していました。
メイクを落とすとき、どうしても洗顔料に頼りたいと思ったこともありましたが、落ち切れないほどメイクをするのもどうかなと思ったので、それ以来メイクもあまりしっかりやらず、ナチュラルメイクだったり、ポイントメイクをしたりと、肌へ負担をかけないようにしていきました。
それからは不思議と肌トラブルが少なくて、基本的なスキンケア程度でいい状態の肌を保っています。
調子がいいときは素ッピンだったり、ちょっとおしろい粉をつける程度です。
』このように洗顔料なしの方が調子がいい方もいらっしゃいますが、他にも洗顔料を使わない方がいらっしゃったのでお聞きしました。
『私は市販の洗顔料は使いません。
自分で作っています。
と言っても残り物を活用しています。
それは、お米を研いだときに出る"米の研ぎ汁"です。
米ぬかはシミや美白に効果があると言われているので、この研ぎ汁で洗顔しています。
最初に研いだものは濃すぎるので、最後の一回くらいになった研ぎ汁を使っています。
研ぎ汁で洗顔したあとはすすぎを何度も何度もやっておしまい。
ただこれだけです。
日焼けした夏過ぎから行っているので、日焼け落ちと重なっているのかもしれませんが、少しは白くなった気がして・・・自己満足ですが、私にはこの方法が合っているみたいです。
どうせ捨てちゃう研ぎ汁をまた使えるならこれってエコだし、その上美白効果なら一石二鳥。
あ、洗顔料を買わないで済んでいるのだから一石三鳥かな?』驚きました・・・研ぎ汁も洗顔に使えるなんて。
ただこの方法、しっかりすすがないと米ぬかの臭いが残ってしまうのが難点だとか。
他にも洗顔石鹸に頼らず、オリジナルの洗顔をされている方もまだまだいらっしゃいそうです。
もしご存知の方がいらっしゃったら是非お話を伺いたいです。
たかが洗顔されど洗顔・・・奥が深いです。