ワイモバイルはランニングコストが最低でも三千円ほどかかります

ワイモバイルは最低でもランニングコストが3000円程度かかりますが、2台以上使っている場合には、なんと500円割引になります。
その上、契約事務手数料や解約金がタダだったりと、それ以降の契約が得になります。
なので、今後は、au、docomo、softbankに代わって、普及率が向上していくと思われます。
プロバイダの回線速度のことですが、多くの方はインターネットを使っての閲覧、データのダウンロードなどで主に利用していると思うので、下り速度というもののほうが重要だと思われます。
インターネットのホームページ閲覧くらいであれば、そこまでのスピードの速さがなくても問題なく使うことができます。
インターネットを光でやることで、Youtubeをはじめ動画サイトもストレスを感じることなく閲覧することが可能になると思われます。
速くない回線だと途切れた状態の動画になったり、大きなファイルを送信する場合にかなりの時間を要しますので、光のような高速回線を推奨します。