保険ライフの口コミ悪い?お得なキャンペーンやってる?

毎月の出費をどうにか節約したい、というのは多少は皆さんも思っているはずです。

保険料金を見直しを考えてもいいかもしれません。

最近、テレビのCMなどでも耳にする保険無料相談を利用してみるのはどうでしょうか?でも、いざ申し込んでみようと思っても保険の知識がなくても大丈夫なのか相談に行ったら必ず保険を契約しなきゃいけないみたいで行きにくい。

というイメージを持ってしまう方もいるのではないでしょうか。

安心してください、知識がなくても今、契約中の保険内容の確認だけでも相談可能です。

その場合は、契約中の保険証券などを持っていくとよりどう行った保障が付いているのかわかりやすくなります。

専門家に保険について相談したいとき、どうすれば良いでしょうか。

家や近所までFPさんに来てもらう人もいれば、テレビや雑誌で宣伝している通りにお店に足を運んだことがあるという人もいらっしゃるでしょう。

名の知れた会社は駅前やショッピングモールの中など、ついでに立ち寄れるような場所に店舗を構えていることが多く、気軽に利用できそうです。

自宅にあげたり、知り合いがいるかもしれないようなお店で大事な話したりをすることに不安がある場合は、来店型が合っているかもしれませんね。

家の次に高い買い物として、「保険」が挙げられます。

選ぶ際には、絶対に失敗したくないですよね。

そんなときは無料相談を上手に利用すると便利です。

町中にお店があったり、FPさんが訪ねてきてくれたりしますが、会社により特典が付くところもあったりします。

商品券をもらえるところが多く、中には現金でもらえるところもあるそうです。

金額的には数千円ほどですが、数社からもらえたら一万円以上にはなると思います。

プロに不安を解消してもらえるうえにプレゼントがあるなんて、こんなにお得な話はないですよね。

よく広告などで見る保険無料相談ですがどうやって収入を得ているのでしょうか?その答えは、FPが提案した保険に相談者が加入した際に手数料が支払われるからです。

このシステムは相談者から見るとメリットが多いです。

相談者が加入をした時に初めて収入があるということは、契約してくれなければFPは収入がないため、保険紹介の質、紹介する保険の内容の熟知度を高めなければなりません。

そのため、保険自体が相談者のライフプランに合致していて、説明内容や面談後のアフターケアなど紹介者のスキルが高いことが多いなど良い面ばかりです。

評判を気にする業界なので現在の保険の方が合っているなら別の保険を勧めることもありません。

皆さんも自分だけで考えずに気楽に相談してはどうでしょう。

よくある保険相談に来店タイプと訪問タイプがありますが、訪問タイプにおいてはFPさんの選択が不可能なので、話し合い中のトラブルの話もちらほら見かけることがあります。

こちらの質問に満足な回答を得られないまま、流されてしまうこともあるかもしれません。

「確実に損をしますよ」等不安をあおるなど断りにくくするような手法をとる人がいるところでは、長く付き合っていくのも難しいでしょうから大事なことをお任せするのは考えものです。

できるだけ失敗を避ける方法としては、下準備をして面談時には誰かに一緒にいてもらうなどしましょう。

新しくなにかを始める際はみなさんどうしていますか?まず最初にネットで調べる人が多いと思います。

保険の見直しをやってみようと思い調べていたら保険相談無料ドットコムというwebサービスを見つけました。

街中に店舗を構えているわけではないので相談者の都合のいい時間に職場近くのカフェなど好きな場所で面談をしてくれるようです。

現在の生活状況などを確認するので落ち着いて話をするために自宅で相談を行う方が多いようです。

また、強制的な勧誘やFP本位の提案をしないのはもちろん、保障内容をわかりやすく説明してくれるみたいなので安心ですね。

営業の人に提案されるがままに保険に入っててしまって実は、内容をしっかりと理解できていない方も多いと思います。

保険無料相談サービスの利用を検討してはどうでしょうか。

保障に対する知識がなくてもFPが現在どんな保険に入っているか、もし現在のライフプランに合う保険ではなかった場合、こっちの保険の方があっているなど相談に乗ってくれます。

また、使う可能性の低いオプションを外したり別の保険に切り替えることで保険料が減る方も多いようです。

また、FP紹介サービスの中にはサービスを利用するとお米や黒毛和牛肉がもらえるキャンペーンを行っているサービスもあります。

一般的な保険の見直しというとざっくり2種類ある訪問タイプにしろ来店タイプにしろ直接会うような形が多いかと思いますが、中には電話での話合を請け負ってくれる会社もあるそうです。

どんなシステムかというと、まず電話の時間予約をネットやフリーダイヤルなどで行ったら、その後にすることと言えばあとは連絡を待つだけ。

通話料もかからないとのこと。

この方法だと必要ないと感じたときに話を切り上げやすいので、直接顔を合わせるよりも話しやすい人も多いかもしれませんね。

たくさんの人に利用されている保険無料相談。

専門的な話をプロとともにすることができるというのに、お金がかからないというのは不思議な話です。

一体どういった仕組みで運営されているのか、少し調べてみました。

ざっくり言ってしまえば大本のお金を支払っているのは保険会社で、手数料という形で契約が成立したときのみ支払われるのだとか。

ですので最終的に我々と直接お話をするFPさんは契約まで至らなければくたびれ損ではあるのですが、見込み客との接点が得られるので、利害関係が一致しているということですね。

保険の勧誘や販売は「保険業法」でいろいろな規制がかけられています。

保険業法第300条への指針として「保険会社向けの総合的な監督指針」を策定しています。

そのため相談者に「特別な利益」の提供として換金性の高いギフト券やポイント、マイルなどをプレゼントしてはいけないのです。

では、お米や牛肉など商品そのものをプレゼントしている場合はどうなのでしょうか。

実は、前述の「監督指針」には商品自体のプレゼントについては具体例が記載されておらず、慶弔関係や新年の挨拶などで行われるカレンダーの配布などは保険業法の禁止事項には当てはまらないとしています。

そのため、換金性の低い商品をプレゼントするのは「完全にクロ」ともクロともシロとも言えないグレーゾーンと言えます。

例えば、人から何かを勧めらたり推しが強いと断れないという人がいます。

そういう方の中には、勇気を出して保険無料相談をしたときに新しい保険を勧められ、断れなくなってしまいそのまま契約してしまう。

その結果、自分に合わない保障内容になっているなどトラブルの報告を聞きます。

なので、ここではFPの見極めるポイント、断り方について書こうと思います。

見分け方の1例としては相談時に「検討させてください」、「念のため、他のFPにも相談したい」のどちらかを言えば大丈夫です。

保険は家の次に高い買い物と言われており、本当に相談者目線に立ってくれるFPなら強引に引き止めないはずです。

もし無理に引き止めてくる、強制的な勧誘をしてくるようなら信頼できないFPと言えます。

車の買取などで見積もりをお願いしたことってありますか?見積もりをすると各社から電話がかかってきます。

値段交渉をしたりするのが好きな人は楽しいと言いますが最近では、電話そのものが苦手という方が多いイメージがあります。

保険無料相談サービスの場合は、強引な勧誘を行ったり、評判の悪いFPを登録解除を行うサービスもあるほど勧誘トラブルへの対策が考えられています。

また、万が一担当者が強制的な勧誘を行う場合はストップコールという制度があり、電話一本で勧誘・相談のストップや担当FPをチェンジすることも可能です。

時折インターネット上で見かける、「保険無料相談で牛肉プレゼント」というサービスですがというキャンペーン、なぜプレゼントキャンペーンを始めたのでしょうか。

昔は保険相談をするのにお金を払って相談するのが主流でした。

ここ数年で急速に有料で保険相談をする時代が終わり無料相談サービスが増えてきました。

保険は家の次に高い買い物と言われ、保険会社としては自社の製品を是非とも契約して欲しいと考えています。

そこで無料で相談できる場所が増えたことで獲得しにくくなった保険相談者を獲得するために、特典を出してでも保険見直しを行ってもらいたいという考えから始まりました。

保険の無料相談を請け負っている会社の中でも、テレビでCMを見たり町中で店舗を見かけたりして良く知られる会社のひとつに「ほけんの窓口」があります。

いわゆる来店型の会社の中でも知名度はトップクラスで、口コミや体験談を探すのに苦労しないところもありがたいです。

まず最初に保険についての勉強をするところから始まり、質問をしても嫌な顔せず答えてくれるとのことで評判が良く、満足度も高いとのこと。

さらには扱う商品数も多めだそうなので、さまざまなプランを比較できると思います。

せっかく無料で保険について話し合うことができるのですから、それを無駄のない時間にできるようにするべきです。

見直しをお願いする際のポイントとしては、今現在ある保証や月々の支払額のバランスはとれているか?自分のライフスタイルに合った保険なのか?ということです。

実際の面談までに自身のライフスタイルについて考え、健康診断などを受けたならその結果も準備しておきましょう。

するとFPさんもより提案しやすくなり内容も具体的になります。

また肝心なのはどこで面談をするかでもあるので、選ぶ際もきちんと調べましょう。

保険の無料相談なら保険ライフがおすすめです。

参考:保険ライフの評判は悪い?無料相談の体験談をレポートします

不用品回収業者の様になぜ無料なのに続けられるのかわからないサービスがあります。

無料でも営業を出来ているのには何かカラクリがあるはずです。

一例として、保険無料相談サービスの場合では相談サービスを行っている企業の主な収益は各保険会社からの契約手数料となっています。

つまり、FPに相談をして提案された保険を契約することによって保険会社から手数料がサービス元の企業に行くという形です。

そのため、契約してもらうことが重要なので、生活状況を聞いて今の生活状況を考えて無理な保険を勧めることは契約の得やすい、相談者にとって本当に必要な保障の案内を行ってくれます。

また、加入中の保障内容を忘れているから確認だけ、という方も相談無料なので安心して利用してください。

世の中には保険無料相談を請け負っている会社がたくさん存在します。

そんな状況で自分の要望ぴったりの会社を探すのは、至難の業ともいえるかもしれません。

どこを選ぶか迷ったらランキングを参考にしてみては?順位付けするにもいろいろポイントがあるので、自分に合った会社を選びやすくなるでしょう。

一般的に良く知られた会社であっても一度で信頼できるFPさんと出会えない場合もあるかもしれないので、上位の会社で複数面談をお願いしてみるなど、上手に活かして満足へつなげましょう。

新しく趣味や初めて体験することがある場合、みなさんどうしていますか?まず最初にネットで調べる人が多いと思います。

保険の見直しを初めてお願いしてみようと思い調べていたところ保険相談無料ドットコムというwebサイトを見つけました。

一般的な店舗型のサービスではないのでこちらの都合のいい時間に好きな場所で相談に乗ってくれるようです。

保険の無料相談なら保険ライフがおすすめです。

色々、ヒアリングをするので落ち着いて話ができる自宅で相談している方の割合が高いようです。

また、強制的な勧誘やFP本位の提案をしないのはもちろん、保障内容をわかりやすく噛み砕いて説明してくれるようなので安心ですね。

保険の勧誘や案内は「保険業法」でいろいろな規制が決められています。

保険業法第300条への指針として「保険会社向けの総合的な監督指針」を策定しています。

そのため相談した人に対しての換金性の高いギフト券やポイント、マイルなどをプレゼントしてはいけないのです。

では、お米や牛肉などの商品自体をプレゼントしている場合はどうなのでしょうか。

実は、前述の指針では景品プレゼントについての具体例は記載されておらず、慶弔関係や新年の挨拶などで行われるカレンダーの配布などは保険業法の禁止事項には当たらないとしています。

しかし、商品プレゼントが一般的な儀礼の金額を超える場合は「特別利益」に当たるとされ、「完全にシロ」とも言い切れない状態にあると言えそうです。

将来の人生設計を考えて保険の加入を考えている方、相談をするならサービスを選びましょう。

近所の駅前にあるからという選択もいいのですが黒毛和牛肉やお米をプレゼントしているサービスを選ぶ方法もあります。

申し込みの流れとしては、HPの予約フォームから相談日を決めて、家計&保険無料相談後にアンケートへ回答するともらえるそうです。

でも、無料で商品プレゼントを行っているサービスって強制的・強引な勧誘をしてそうという不安な気持ちを持ってしまう方もいると思います。

でも安心してください、最近のFP紹介サービスでは、評判の悪いFPに対して契約解除を行うサービスもあるほど対策を考えています。

保険無料相談のCMを見ていて疑問に感じたことがあります。

それは「無料」ではない「有料」の保険相談もあるの?ということです。

調べてみたところ、相談サービスは有料なのが基本だったそうです。

では何が有料と無料で違い、メリット・デメリットになるのでしょう。

無料相談の場合、FPは相談者と面談するだけでは収入が発生せず、提案した生命保険に加入してもらって初めて保険会社から手数料という形で報酬が発生しません。

なので、FPにとって手数料のいい保険(FPにとって都合のいい保険)を案内してくる人が中にはいます。

逆に、有料相談では、販売ノルマのようなものがないため、無料相談より親身になってくれる可能性が高いそうです。

貯金のために保険料を節約したい!でも、相談に行く時間がないからどうしようと困っている方、解決につながるかもしれない方法があります。

保険無料相談サービスの中でも数は少ないですが、相談のやりとりをメールで行えるサービスもあります。

なので、1年中受付をしており、返信内容の確認も夜遅くに自宅に帰った後など好きな時間に確認ができます。

もし、書いてある内容が難しくてわからない、こちらが伝えたいことが十分に伝わっていないと感じたときには、電話相談もできるようになっているようです。

もし相談途中で必要がなくなったとしてもメールで断れるので楽な気持ちで相談できると思います。

お金をかけずに保険の見直しができるというのに、さらに商品券やギフト券までもらえたら嬉しいですよね。

ゲットするためにどうすれば良いかというと、簡単なところでは面談を受けるだけだったり、面談後にあるアンケートに回答したりすればもらえます。

一社でもらえる金額は数千円ですが複数の会社で面談をしたら合わせて数万円にもなるかもしれません。

ただ真の目的はプロの意見を聞くことなので、おまけ程度に覚えておくくらいにして貴重な時間をしっかりと有効に使いましょう。

最近いろいろなところで目にする、耳にする保険無料相談サービスですが、本当に宣伝通りに無料なの?と思ってしまう人もいると思います。

無料で営業できるのか理由を調べてみました。

結論から言いますと、各保険会社からの契約手数料を収益という形で受け取っているからです。

つまり、相談サービスからすると、勧めた保険に相談者が加入してもらうことが重要になります。

そのため、お客様目線で対応してくれるサービスが多く「相談をしたら今より高い保険を勧められそう」といった心配事はほぼ起きないと思って良さそうです。

良い保険無料相談会社の選び方として、クチコミは参考になります。

特に各々の会社で会えたFPさんの実力や感じた印象などについて、注目して見ていくと良いと思います。

良いFPさんならある一社の商品ばかりを勧めることはほぼありません。

またリサーチもしっかり丁寧にしてくれるため、守りたい生活に負担のない提案であることは当然ですが、予想外の提案を受けて想像以上の満足感を得られる場合もあるそうな。

どこを選ぶかはFPさんによるところが大きいと思いますので、一度いろいろなところで面談をお願いしてみて、比較検討を重ねた上で決断することをおすすめします。

Tポイントやポイントサイトで交換できるポイントが保険無料相談サービスの利用でもらえるキャンペーンを見かけます。

高額ポイントがもらえるサービスはあまり名前を聞いたことのないものばかりで実際にポイントが付与されるかわからないですよね。

こう行ったキャンペーンの名上がれとしては、数回の面談を実施し、アンケートに答えるとプレゼントというパターンが多いです。

そのため、最初の面談等で相談者に契約の見込みがないと見られたらその後の面談をなかなかしてくれないなどポイント付与の条件に満たない状態のままになる可能性があります。

そのため、ポイントが欲しいからという動機で申し込むのはやめましょう。

一体どれくらいの人がプロに保険相談をしているのでしょうか。

それぞれの業績を見てみますと一社の利用者数だけでも年間十万人を超えるそうです。

それほど多くの人が興味を持っており、またプロの意見を聞きたくなるほど入り組んだ仕組みとなっているということではないでしょうか。

会社自体は数多く存在しますが、来店型ではほけんの窓口、訪問型では保険マンモスの評価が高いようです。

実力のあるFPさんがいるのはもちろんのこと、実際話し合いするまでの手軽さも評価されているようです。

保険相談会社についてさまざまな情報が溢れる中ではどこが一番良いのか決めかねることもあるかと思います。

ぜひこういうところを選んでほしい!といういくつかの大切なポイントを示してみようと思います。

一番知っておきたいのは、どれだけ能力の高いFPさんがいるかです。

また人間同士合う合わないは考えられるので、もしもの場合きちんと対応してくれるサポートがある会社にしましょう。

またさらに取扱商品数についても多ければFPさんの提案力に繋がりますから気にしてみましょう。

契約後のフォローがあるかどうかも確認しておきましょう。

毎月の出費をできるだけ抑えたい、という気持ちは少なからず皆さんも思っているはずです。

保険料金を見直してもいいかもしれません。

最近、テレビやラジオのCMなどで耳にする保険無料相談を活用してみるのはどうでしょうか?でも、いざ利用したいと決心しても保険の知識がなくても騙されないの?相談に行ったら絶対に契約しなきゃいけないみたいで行きにくい。

という気持ちも出てきてしまいますよね。

安心してください、知識がなくても今、契約中の保険の相談をしてもらえます。

その場合は、契約中の保険証券などを持っていくとよりどう行った保障が付いているのかわかりやすくなります。

時折見かける、「保険無料相談で牛肉プレゼント」なぜ相談者特典で景品を付け始めたのでしょうか。

昔はFPにお金を払って相談するのが主流でした。

時代が進むとともに有料で保険相談をしてもらう時代が終わり無料で相談ができる企業がたくさん増えました。

保険は人生にいて2番目に高い買い物と言われ、自社の保険を是非とも契約して欲しいと考えています。

しかし商品券プレゼントの額が過熱化し、金融庁から相談者特典で商品券を渡してはいけないという指針を策定しました。

保険見直しを行ってもらいたいという考えから始まりました。